登山登録

2015年5月17日

奥裾花自然園

犀川支流・裾花川の上流にある伝説の里・鬼無里(きなさ)から さらに奥まったところに奥裾花自然園があった。
奥裾花自然園は標高1200mほどの所にひろがるブナの原生林のなかにあって、 林床はまだ多くの残雪に覆われていたが、枝は若緑の葉を輝かせていた。 森の広い湿原には多くのミズバショウが咲き誇っていた。

登山記録

年月日 2015.5.17
天候 快晴
コース 鬼無里-奥裾花峡-奥裾花自然園-大望峠
メンバー
行動時間
感想、他

奥裾花自然園を訪ねたの今回が初めてで、前準備もなく車のGPS頼りに入り、 その奥深さに驚いた。
あとで鬼無里が「日本の秘境100選」に選ばれた所と知ったが、人里が途絶えたと 思える奥裾花峡からさらに15km奥まったところにあった。
裾花川の源流には名山の高妻山と戸隠連山がそびえていて、 いつもと違った角度からの姿が見られたのもうれしかった。

時刻 位置(標高m) バロm 記事 備考
9:10 裾花ダム 裾花ダムから20分ほどの鬼無里(篭田)では家族総出の田植え風景が見られた
9:40 鬼無里 730 鬼無里に西京、東京などの地名がみられた、 これも鬼無里遷都の伝説にかかわる京の地名という
10:05 奥裾花ダム 864 この付近は「奥裾花峡」名勝地に指定され、比高100mの絶壁の説明書きがあった
ここから車道は峡谷をアーチ橋で一跨ぎして裾花川の右岸に移った
10:15 木曽殿アブキ 954 道路沿いと川沿いに堆積地層があり、2000万年~1500万年前の化石が見られるという
ここで裾花川の本流は分岐し高妻山と戸隠山に向かうが、支流の濁川沿いを行く
10:25 料金所(駐車場) 1113 ここから一般車侵入禁止のためシャトルバスに乗り換える
10:45 バス停 1224 シャトルバスから降りた後、林道を歩く
奥裾花自然園入口(休憩舎) 料金所は入園料のみで、バス代金は別払いで乗車、 バス下車後15分歩いてようやく自然園にたどり着いた
料金所からここまで2.3kmほどなので歩ける距離だった
入口の休憩舎から左手の森に入り、こうみ平湿原に向かう
11:30 こうみ平湿原 1276 ゆるい起伏からの流れにある湿原にミズバショウがあった
12:10 吉池 1295 くぼ地にある小さな池に残雪が水底まで入りこんでいた
12:55 今池湿原 1251 ミズバショウが広く群生するみごとな湿原だった
湿原の中に分け入る桟橋がないのがよい
13:25 休憩舎
13:50 料金所(駐車場)
14:10 奥裾花ダム 帰りのダムへの道は峡谷の左岸林道を通っていて一方通行になっていた
14:45 大望峠 1063 戸隠連山と北アルプスの展望台になっていて、槇有恒の文章が掲示されていたが読みにくかった
15:35 信濃町IC

登山マップ

地図

写真

登山登録

年代別

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

2013年

2014年

2015年

2016年

2017年

2018年

2019年

2020年

山別

八ヶ岳南部

八ヶ岳北部

八ヶ岳周辺

南アルプス

富士山周辺

飯豊と日本海側の山

秩父・大菩薩山系

その他