登山登録

2013月7年7日

布引山(老平駐車場-広河原-布引山(往復))

七面山の地形図(98年2月の記入がある)を見ていたら笊ヶ岳の計画が記載されていた、当時は途中、テント泊の行程となっていて、そのまま放置していた。 最近知人が日帰りした情報を得たので、急きょ笊ヶ岳を目指すことになった。しかし標高差2100mの日帰り登山は体力的に限界で、布引山で断念せざるを得なかった。

登山記録

年月日 2013.7.7
天候 曇り一時雨
コース 笊ヶ岳2629.0m 途中で断念
メンバー 単独行
行動時間
感想、他

今回登れた布引山は登山口からの標高差が2080mで、登りに8時間20分かかった。笊ヶ岳へはここからさらに1時間半はかかり到着予定が14時になり、しかも体力の限界を感じたのでここで断念した。
布引山までは森林限界を越えないため展望の効かない山だが、長いアプローチと原生林の中の登山は昭和40年代の登山コースの面影を残している。
広河原に「笊ヶ岳の原生林」の標識があり、標高1500m位までは広葉樹の樹木種類の多さに驚かされた。その上部はコメツガ、シラビソなどの針葉樹に変わったが、純林も見られ樹木観察に格好なところだ。

時刻 位置(標高m) バロm 記事 備考
3:50~55 老平駐車場500 530 雨畑集落方面に入り40分ほどロス 3台駐車してあった
4:30 奥沢集落跡640 675 手前で林道終点になり山道を行く、廃屋が残っている
4:50 吊橋630 740 実際の道は地形図より高い所にあるようだ 630mは地形図の標高
5:40~50 広河原900 910 奥沢谷の本流のため水量が多いが、名のとおりの広い河原になって転石上を渡ることができた 渡渉点に「笊ヶ岳の原生林」やまなし森百選の表示があり、渡渉の目印になる
6:45~55 山の神祠1210 1220 尾根の取付は急傾斜の葛折が山の神まで続いた ブナ、ヒメシャラ、ヒノキに囲まれた祠がある
7:40~45 ウインチ1415 1440 発動機付きのウインチが残されていた 何時伐採しどこへ運び出したのだろうか
昭和43年カラマツ植林の札があり伐採もその頃?
9:35~45 (朝食) 1955
10:00 桧横手山2021 2000 二人の登山者に出会う、広河原にキャンプし布引山まで行き笊ヶ岳は断念したという ここまで急登が続いたが、ここからもコメツガ、シラビソの中に急登が続く
11:45 布引崩れ 左崩壊地でやっと稲又山と青薙山方面の展望が開けた。オオシラビソの下にコイワカガミ、ヨツバシオガマシロバナヘビイチゴ、キバナノコマノツメが咲いていた
12:10 稜線2550 2485 南アルプス側は雲に覆われていた
12:15~30 布引山2583.7 2520 立派な標識と3等三角点がある 笊ヶ岳へはここから往復で3時間、老平へはさらに5時間以上かかるため断念することにした 強い雨風になり合羽を着る
14:00~10 桧横手2021 1990
15:15 ウインチ1415 1435
16:30~40 広河原900 915 登りは靴を履いたまま越えたが、帰りは裸足で渡渉
18:30~50 老平500 530

登山マップ

地図

写真

登山登録

年代別

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

2013年

2014年

2015年

2016年

2017年

2018年

2019年

2020年

山別

八ヶ岳南部

八ヶ岳北部

八ヶ岳周辺

南アルプス

富士山周辺

飯豊と日本海側の山

秩父・大菩薩山系

その他