登山登録

2013年10月13日~14日

鳳凰三山(ドンドコ沢-中道)

ドンドコ沢の滝と紅葉の写真を撮影するため青木鉱泉から登ったが、紅葉にはまだ早かったようで滝を彩るまでではなかった。
南精進ヶ滝、鳳凰ノ滝、白糸ノ滝および五色ノ滝4本の滝身まで近づいて撮影した。

登山記録

年月日 2013.10.13~14
天候 快晴、快晴
コース
メンバー 単独行 
行動時間
感想、他

4本の滝は登山道から外れているため、入口にザックを置いてカメラと三脚を持って往復した。
滝はすべて東向に落ちているが日差しがなく、日陰写真になってしまった。
日の出を赤抜沢ノ頭で待ったが、富士山と一緒に撮影できる観音岳の方が良さそうだ。
鳳凰小屋はテント泊とともに満杯だった。小屋のブログに載った全員写真には150名が勢ぞろいした。

時刻 位置(標高m) バロm 記事 備考
13日

.

6:00 自宅1200 1205 乗用車で出発 走行距離32㎞
6:55~7:20 青木鉱泉1100 1075 駐車場が満杯でキャンプ場に駐車 2泊1500円
8:40~45 小沢1460 1465
9:05~15 南精進ヶ滝 1555 ロープが張ってあった所を登って近づいた
あたりはコメツガの森
10:05~35 鳳凰ノ滝 1730 左右に向かい合った滝で、本流を左岸から右岸にわたって右側の滝を見た
ここからコメツガの中の急坂が続いた
11:40~12:00 白糸ノ滝1960 1975 地形図の滝の標高は2010m
12:40~13:15 五色ノ滝 2140 2段の滝は水がチョロチョロ、落ち口は紅葉していた
ニホンカモシカが人を気にせず草を食んでいた
河原 2300 地蔵岳のオベリスクが見えた
14:25 鳳凰小屋2380 2340 3連休で小屋とテントも満杯で夕食を3回に分けて食べる 1泊2食8000円
14日

.

4:00 鳳凰小屋2380 2320 3:35起床 4:00ヘッドランプを着用して出発
4:55 賽ノ河原 2650 森林限界を越すと急なザレ場になり靴をフラットに置くとズルズル滑るがキックステップで切り抜けた
5:00~6:25 赤抜沢ノ頭2750 2675 日の出まで時間があるがここで三脚を立てて夜明けを待つ 日の出5:46
7:05 鳳凰小屋への分岐道 2620 鳳凰小屋からのダイレクトコースでこれを利用すれば観音岳で日の出が見られる
7:45~8:10 観音岳2840 2750 鳳凰三山の最高峰で甲斐駒ケ岳、仙丈ケ岳、白鳳三山、富士山など3000m級の山やまが一望
8:35~9:10 薬師岳2780 頂上は縦走から外れてある岩場で三角点がなかった
ナナカマドの赤い実が青空に映えていた
ここから中道を下降
9:50~55 大石 2320 大石を支えるかのように杖を立て掛けてある
標高2000m付近 ここから笹原が続く、尾根の末端部はつづら折りの急坂だった
12:00 中道登山道口1265 1230
12:35~13:15 青木鉱泉1100 1055 古びている鉱泉の風呂に入って帰宅 入湯料1000円

登山マップ

地図

写真

登山登録

年代別

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

2013年

2014年

2015年

2016年

2017年

2018年

2019年

山別

八ヶ岳南部

八ヶ岳北部

八ヶ岳周辺

南アルプス

富士山周辺

その他