登山登録

2018年7月26日

八方尾根撮影行

 わたしが所属している写真クラブの撮影会が八方尾根で行われた。
過去に乗鞍岳畳平、宝剣岳千畳敷カールおよび栂池自然園に行っていて、いずれも紅葉の時期だったが、今回は夏の高山植物と残雪の山波がテーマだ。
リフトを乗り継いで標高1830mの八方池山荘まで行き、そこから標高2060mの八方池までの間でおよそ5時間ほど自由行動で撮影した。

登山記録

年月日 2018.7.26
天候 快晴
コース 八方駅=八方アルペンライン リフト=八方池山荘-第二ケルン-八方池(往復)
メンバー 小淵沢写真クラブ 10名
行動時間
感想、他

 今年は例年より早めの梅雨明けで、しかも日照りが続いていたので高山植物の開花状況が心配だったが、ヤマブキショウマ、シモツケソウ、タカネナデシコが盛期を過ぎていたもののクガイソウ、キンコウカ、ハクサンシャジンなど見ごろも多く、合計35種のお花を確認した。
山波は不帰ノ嶮を収めることができたが白馬三山は雲の中だった。

時刻 位置(標高m) バロm 記事 備考
6:00 小淵沢IC 小淵沢に集合して、マイクロバスで出発
8:30 白馬村八方駅 770 ゴンドラリフト6人乗りで兎平へ
8:50 兎平 1380 4人乗りリフトで2回乗り継いで八方池山荘へ
9:15. 八方池山荘 1811 八方池山荘から八方池までは通常1時間半の道のりだが、写真撮影のためゆっくり各自自由に行動にする
10:10-40 休憩 1954 今日も朝から晴れあがり、熱中症に気配りしながら撮影を楽しむ
11:15 八方ケルン 2039 ウイークデイにもかかわらず、バスツアー客、学校登山など多くの人で賑わっていた
まさに夏山の賑わいだ
11:25-55 昼食 2076 八方池を見渡せる所で昼食を取る
池の周りは行列で埋まっていた
八方池 八方池に映る白馬三山と不帰ノ嶮が写真スポットだが、白馬三山は雲の中で不帰ノ嶮の残雪も今一つだった
12:50 第3ケルン 八方池の上にある第3ケルンから引き返す
13:30 石神井ケルン 1981
14:15-45 八方池山荘 1843 合計5時間ほどの撮影を終えて全員集合
15:00 八方駅 824
15:30 ロッヂ五竜 遠見尾根の付け根にあるロッヂで宿泊

登山マップ

地図

写真

登山登録

年代別

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

2013年

2014年

2015年

2016年

2017年

2018年

2019年

2020年

山別

八ヶ岳南部

八ヶ岳北部

八ヶ岳周辺

南アルプス

富士山周辺

飯豊と日本海側の山

秩父・大菩薩山系

その他