登山登録

2022年1月16日(日)

冬の飯盛山から展望を楽しむ

 冬の飯盛山から全方位に広がる山々を眺めたくなって出かけた。
快晴のもと富士山を始め甲斐駒・北岳・鳳凰三山、金峰山、浅間山までをくまなく見渡すことができた。
平沢山、飯盛山それに見晴台のそれぞれの頂から、すこしづつ位置を変えての展望にも満足した。
しかもここから見渡した山々すべてに足跡を残しているので、懐かしさも蘇った。

登山記録

年月日 2022.01.16
天候 快晴
コース 獅子岩-平沢山-飯盛山-見晴台(大盛山)-獅子岩
メンバー
行動時間 沿面距離:5.7km  所要時間:3:25
感想、他

 快晴で凛とした冷気のもと、いつも見慣れている名山だけでなく、日ごろ周りの山に溶け込んで目にできない近くの低山やいつもは遠くて霞む山まですっきりと姿を見せてくれた。
飯盛山と目と鼻の先にある須玉町の笠無山・比志ノ塒は今まで気がつなかったが、初めて位置を確認した。逆に遠くにある浅間山・茂来山・四方原山・御座山・御陵山なども目にすることができた。

時刻 位置(標高m) バロm 記事 備考
7:35-40 獅子岩 1400 国道141号は路面が出ていたが、鉄道最高地点から獅子岩までの側道には積雪があった
獅子岩に駐車、ここから見える八ヶ岳は全面に陽が射し輝いていた
8:00 宮司の滝への分岐 右手宮司の滝の標識を見送り直進する、積雪は15センチ程度で、踏み跡にはアイゼン、スノーシュー、靴底などに混じってタイヤのわだちが見られた
8:25-30 平沢山分岐 分岐の右上から富士山方面の写真を撮って、平沢山に向かう
8:35-55 平沢山 1653.2 1652 文字通り360度の展望が開けた
西方-権現岳、赤岳、横岳
北方-浅間山、茂来山、四方原山、男山、御座山、天狗岳
東方-横尾山、小川山、瑞牆山、金峰山
南方-黒富士、曲岳、茅ヶ岳、富士山、毛無山
南西-南アルプスの山々を見渡すことができた
いずれの山にも足跡を残しているので、見飽きることがない
二等三角点の標石あり
9:20-30 飯盛山 1650 ここでも平沢山と同じように展望を楽しむ
前に信州峠から横尾山経由で飯盛山まで縦走したことがあるが、このコースを目でたどることができた
9:40 見晴台(大盛山)1643 1653 見晴台に大盛山の新しい標識が建っていた
この周りにシカよけのフェンスが張られていた
大盛山の山名は初めて知った
10:20-30 平沢山分岐 この時間帯になって、20名のパーティーを含め、登ってくる多くの人とすれ違う
11:00 獅子岩 1443 登るまえの駐車は4台だったが、現在は20台に増えていて、バスも停まっていた
11:40-12:40 吐竜の滝(どりゅう) 途中、清里にある吐竜の滝に寄る、赤岳源流の川俣川東沢にあるが本流にかかる滝でなく、左岸の岩壁から伏流水がほとばしり出ている珍しい滝である
ここ数日の寒波による氷柱を期待していたが大分融けたようだ

登山マップ

地図

写真

登山登録

年代別

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

2013年

2014年

2015年

2016年

2017年

2018年

2019年

2020年

2021年

2022年

山別

八ヶ岳南部

八ヶ岳北部

八ヶ岳周辺

南アルプス

富士山周辺

飯豊と日本海側の山

秩父・大菩薩山系

その他