登山登録

2011年12月21日

比志ノ塒(林道沢コース-笠無-摩利支天-比志ノ塒(往復))

高さ1500mに満たず、標高差500mの笠無を思うようにルートファインデングができなかったが、今回再々のチャレンジをした。
笠無経由で念願の比志ノ塒(トヤ)に辿りつき計画通り遂行した。
笠無は3等三角点、比志ノ塒4等三角点を持つが、何故か山なしの呼称だ。

登山記録

年月日 2011.12.21
天候 晴れ
コース 比志ノ塒(とや) 1452.9m 4等三角点
メンバー 八ヶ岳自然クラブハイキンググループ9名
行動時間 6時間40分 歩数15,200
感想、他

2010.11.2間違って下降した地点を登山口に沢筋を登り、笠無経由比志ノ塒を往復した。
登山口は林道比志海岸寺線を海岸寺寄りの峠から東に3km程入った所。
沢筋は幅広く1350mの稜線まで灌木が伐採されていた、切られた木が散乱していたため登りづらからった。
登山口から登山道がある1350米のピークまで45分、見晴らし岩峰から比志ノ塒まで1時間25分掛った。
途中クマの爪あとと思える引っ掻き傷があった。昨年は熊棚があったのでクマの生息地らしい。
山名の塒(トヤ)については鳥、人のねぐらの意とあるが、クマも含めての呼称だろうか。

時刻 位置(標高m) バロm 記事 備考
7:30~40 大泉駅 集合 車2台に分乗
8:10 林道ゲート(林道比志海岸寺線) 1050 12/10~4/25まで閉鎖の表示があり車通行不可 集合場所から22km
8:15 登山口 1055 1065 山火事注意 日向矢窪山恩賜県有財産区の表示
沢筋は広く水なし、最近潅木の伐採があり歩きづらい
9:00~10 1350のピーク
笠無 1475.7
1355 海岸寺峠からの登山道と出会う
10:00 見晴らし岩峰 1465 八ケ岳が望める
10:40~45 摩利支天 1440 1460 摩利支天と読める石碑
この付近はアカマツのある岩稜が続く
展望:八ケ岳、飯盛山、横尾岳
11:10~15 最高点 1460
11:25~12:10 比志ノ塒 1452.9 4等三角点 昼食、ミズナラ、アカマツ
12:35 摩利支天
12:45 鞍部 ここでクマの爪痕を見る
13:00~10 見晴らし岩峰
13:25 笠無 1475.7 1505
14:00~05 1350のピーク 1380 沢筋下降
14:40~50 登山口 1055
14:55 林道ゲート

登山マップ

地図

写真

登山登録

年代別

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

2013年

2014年

2015年

2016年

2017年

2018年

2019年

2020年

山別

八ヶ岳南部

八ヶ岳北部

八ヶ岳周辺

南アルプス

富士山周辺

飯豊と日本海側の山

秩父・大菩薩山系

その他