登山登録

2019年11月16日(土)

道志の山 鳥ノ胸山

 今年、道志村にある山梨百名山の今倉山と大平山を訪ねたが、今回はそれらの周りにある鳥ノ胸山を計画した。
道の駅どうしに駐車し、林道を歩いて南側にある登山口から平指山・雑木ノ頭経由で鳥ノ胸山まで縦走することとした。
ところが林道で道を間違えてしまい、大幅な時間ロスになったが、なんとか縦走することができた。

登山記録

年月日 2019.11.16
天候 快晴
コース 道の駅どうし-道志の森キャンプ場-三ヶ瀬川東沢-水晶橋-鳥ノ胸山登山口-雑木ノ頭-鳥ノ胸山-道の駅どうし
メンバー 薮田、青木
行動時間 沿面距離15.9km 7:30 道間違いロス1:40、休憩含む
感想、他

 登山口までは2時間ほどかかる長いアプローチで三ヶ瀬川の左岸の立派な林道を行く。
どこかに鳥ノ胸山の登山標識が現れるだろうと思っているうちに林道の終点に着き、全く予期していない「菰釣山登山口」の標識に驚いてしまった。
途中で右岸に渡らなければならないのを見逃してしまったのだ。途中地図を見なかったために初歩的ミスを犯してしまった。

時刻 位置(標高m) バロm 記事 備考
7:10-7:15 道の駅どうし 703 道の駅どうしに駐車後、南西側にある道志川の橋を渡る
すぐに三方に道が分かれるが右端の道を進む
左の道は鳥ノ胸山ダイレクトコース
7:40 道志の森キャンプ場 三ヶ瀬川左岸の車が通る広い林道を行くと、すぐにキャンプ場が次からつぎへと現れる
ここの道志の森キャンプ場が右岸にあることを気付かずに、そのまま三ヶ瀬川西沢進んでしまった
8:40-50 西沢林道終点  945 林道終点に菰釣山登山口があったが、今回のコースに関係のない山名を見て動転してしまった。
全く別の道に入り込んでしまっていたことに気づき、道志の森キャンプ場まで引き返す
9:20 道志の森キャンプ場 東沢分岐点 780 道志の森キャンプ場は三ヶ瀬川の右岸にあり、そこに渡る橋を見逃してしまった
橋の所で東沢と西沢が合流していて、私たちは東沢の左岸を行く、右岸にガードレールが見えたので右岸路がいい道だったかもしれない
1時間40分間のロスで正規の道に戻った
9:50-10:00 水晶橋 862 右岸路と出会うところに水晶橋があった、ここを渡らずに真っ直ぐ進む
入口に「三ヶ瀬~室久保線」造林作業路の表示があった
今年の台風の影響と思われる倒木が見られた
10:30-40 城ヶ尾峠分岐 984 林道が南から東方向に90度曲がる地点にある城ヶ尾峠への登山路を見送り林道を進む
手入れが行き届いた林道の周りにあるヒノキ植林地に紅葉が混じり、日を浴びて輝いている、そこにも台風の影響と思われる崩壊地があり蛇籠がむき出しになっている所があった
11:05-15 鳥ノ胸山登山口 1051 林道の最高点付近が鳥ノ胸山登山口だった、ここで初めて「鳥ノ胸山」の登山標識を目にすることができた
ここから尾根に取付く
ここが三ヶ瀬川と室久保川の分水嶺だった
11:35-55 昼食 1127 平指山手前で昼食を取る、周りの視界は木の間越しだ
12:00-05 平指山 1145 平指山には頂上標識がなかった、縦走路はここから左手に曲がりヤセ尾根に下がっていく、真っ直ぐが広い尾根になっていて、そちらを縦走路と見間違いそうだった 真直ぐ進みたくなるが、注意が必要だ
12:20-10 雑木ノ頭 1139 ここの頂上にも山名標識はなかったが、三方向の表示板があった
登って来た側は道志の湯へ、まっすぐへは鳥ノ胸山、左手へは道志の森キャンプ場
尾根にブナが混じり、木の間越しに、春に登った大平山、加入道が見えた
鳥ノ胸山への登りには大ギャップが待ち受けていた、鞍部まで下った後、登り返しで垂直のヒノキ林との傾斜を見みると30度を超しているように見えた
道志の湯から登山口に入るのが正規なのだろうか
13:05-20 鳥ノ胸山頂上 1207.8 1205.2 鳥ノ胸山は手前にピークがあり、ロープでちょっと下って登り返して頂上に着いた
そこに山梨百名山の標識と三等三角点があり、下方に道志道が、その先に富士山が望めた
頂上からの下降は登りよりもはるかに急坂だった
鳥ノ胸山からは登山標識が頻繁にあらわれた、我々が歩いた縦走路は一般向けでないのかもしれない
14:10 むじな沢砂防ダム 真新しい白いダムが現れた、むじな沢砂防ダムとあった
14:35 道の駅どうし 700 とんだミスをしながらも予定のコースを歩いて無事到着

登山マップ

地図

写真

登山登録

年代別

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

2013年

2014年

2015年

2016年

2017年

2018年

2019年

2020年

山別

八ヶ岳南部

八ヶ岳北部

八ヶ岳周辺

南アルプス

富士山周辺

飯豊と日本海側の山

秩父・大菩薩山系

その他