登山登録

2022年7月30日(土)

国師ヶ岳・北奥千丈岳

 猛暑続きの中、標高2365mの大弛峠の気温は14℃で肌寒かった。 
峠は避暑登山ができることを知っている登山者で賑わい、朝7時時点で満車で信州側・甲州側の林道、どちらも路肩駐車で一杯だった。 
私たちは大弛小屋経由で国師ヶ岳に向かう。 木製の階段が大岩の間を縫うように張り巡らされていて、安全に登山できた。
駐車数から多数の登山者と出会うと思ったが少なく、多くは金峰山を目指したようだ。

登山記録

年月日 2022.07.30
天候 快晴
コース クリスタルライン=林道川上牧丘線=大弛峠ー前国師-国師ヶ岳-北奥千岳-夢の庭園-大弛峠  
地形図:金峰山
メンバー 薮田、残間、青木
行動時間 沿面距離:3.8km 所要時間(休憩含む):4:30
感想、他

 2回目の登山だったので、古い山日記と撮影記録を探してみたら、2003年10月31日に訪れていた。 
この日も快晴で林道のカラマツが黄金色に染まり、各頂上からは甲斐駒ヶ岳、鳳凰三山、富士山それに八ヶ岳の写真が写されていた。 
ただ木製の階段写真が見当たらなかったので、その時はなかったのかもしれない。ただし夢の庭園の手摺付き階段は写真にあった。

時刻 位置(標高m) バロm 記事 備考
5:00 出発 北杜市大泉町 国道20号から雁坂みち、クリスタルライン、林道川上牧丘線を辿る
7:10-25 大弛峠 2365 2220 実標高より145m低い 大弛峠の駐車場はすでに満杯で、峠を挟んで路肩駐車が多く、土曜日とは言え、この付近の登山人気に驚く
峠の左手西側が金峰山への縦走路、右手東側から国師ヶ岳へ向かう、すぐに大弛峠小屋があらわれた
etrex GPSのスタート時の標高が低く不調
みごとな木製階段道を行く 小屋のすぐ先から木製の階段道路が始まった。
大岩を縫ったり、跨いだりしている木製階段は続き、そのみごとな造作に驚くとともに、同じペースで登れることに感謝する
7:45 夢の庭園への分岐 夢の庭園をバイパスし直進する
この後急な階段を登り切った所で、後方に金峰山が見えてきた
8:30-40 前国師 2544 大きな岩の横に「前国師」の立派な看板があった
9:00-10 国師ヶ岳山頂 2586.7 2587 山頂には一等三角点の石柱と山梨百名山の標柱があった
山頂のまわりのシラビソ林はそろって幹回りが細く、しかも隙間なく密生していた
岩上に根を張ったための栄養不足のせいであろうか、それとも一斉に萌芽更新されたためだろうか?
9:40-50 北奥千丈岳 2602.6 2603 奥秩父の最高峰に到着、大岩の周りにハイマツと背の低いオオシラビソなどが見られた
10:50-11:00 夢の庭園ベンチ 2478 ここにも大岩があり、その下に涅槃仏のかたちの石を見つけて喜ぶ
下に大弛峠の駐車場が見えていた
11:35 大弛峠 2365 相変わらず駐車台数は多く100台はくだらない、国師ヶ岳の登山者は少なかったので、金峰山に回った人が多かったようだ 駐車場として線引きされている範囲は30台ほど

登山マップ

地図

写真

登山登録

年代別

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

2013年

2014年

2015年

2016年

2017年

2018年

2019年

2020年

2021年

2022年

山別

八ヶ岳南部

八ヶ岳北部

八ヶ岳周辺

南アルプス

富士山周辺

飯豊と日本海側の山

秩父・大菩薩山系

その他